2007年02月03日

無題

家のCD/MDコンポは以前から壊れてしまっていてCDが聴けない状態になっていたのだが先日ついにMDも聴けなくなった。これではただの箱です。電源を入れると「HELLO!」と表示して部屋を怪しげな腐った緑に変色させ、電源を切れば「GOOD BYE!」と静かに力なく表示する。そんな哀愁漂う我が家のコンポを最近久しぶりに起動させ、MDを投入しようと試みたところ、中で何かに引っかかり口が閉まらない。さらに「ガチャ!ガチャ!」と不気味な音を立てている。これは非常に不味い事態になった。自分はこのバカコンポが、MDを口にくわえ、中年のケツのでかくて妙なインパクトのある独特のパーマをかけた関西のオバハンがコタツに入り横になってお茶をすすりながら煎餅をバリバリと噛み砕く要領で自分のMDを粉砕しているというイメージを連想し、「むきー!」と奇声を上げてMDの取り出しボタンを1秒間に16回くらいの物凄いスピードで猛烈に押しまくり、無事にそのMDはオバハンの口から救出できたわけですが、ちがうよオバハンじゃなくてコンポから救出したわけですが、それでもなおコンポは「ガチャ・・・ガチャ・・・」という気色の悪い音を立てておりまして、自分は品詞の重傷を負ったかつての相棒(コンポ)がこんな姿になってまで生きているのを不憫に思い、このまま長い時間をかけて苦しみながら死んでいくのではなく、いっそのこと自分のこの手で相棒(コンポ)を手に掛けて苦しまずに死んでもらおう、きっとこいつだってこんな姿になってまで生きていた気はないはずだ、という考えから、その場に偶然あった木刀で相棒を八つ裂きにしました。日頃のストレスや社会に対する不満をどこかにぶちまけたかったんです本当は。

何が言いたいのかというとコンポが壊れたということです。
posted by _ at 07:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。