2007年01月24日

近況報告その2

暇な方はこれでもやってみてください。

・可聴音域テスト http://www.jimmyr.com/blog/hearingloss.html

・音痴テスト http://jakemandell.com/tonedeaf/
前のフレーズと後のフレーズが同じかどうか、であなたの音感がわかる。




さて、前回の日記で前フリが綺麗に決まったところで真面目に近況の報告でもしてみます。

■姉が結婚
自分には姉が2人いるんですが、一番上の姉が10月くらいに結婚式を挙げました。お相手は宮城県のほうの人で、パンを焼くのが上手です。これから一番上の姉と会うときは笹かまぼこを要求します。笹かま、ずんだ、萩の月。サイコー。

■就職活動に終止符
11月か12月くらいだと思うんですが内定を一個貰ったのでそこに就職することに決めました。なんでもパン粉業界の大手だかなんだかで結構安定しているっぽいです。でもパン粉なんて地味ですからまともな大卒の人間は寄り付かず、苦し紛れに自分のようなダメ人間に白羽の矢を立ててしまったのだと推測します。哀れパン粉業界。
いやーもう10月から11月にかけては週に4社くらいずっと受けに行き続けてましたからね。何回落とされ続けてきたのだと。本当にアレは二度と経験したくないわ。ただ心配なのが配属先がまだ決まっていないということ。全国に工場があるらしくて、北は北海道南は九州どこに飛ばされるか予測不能なところが不安です。しかもその工場ってのが和歌山県だとか岩手県だとかの微妙なところにしかないという悲劇。大阪とか仙台とかにはネーのかよ。県庁所在地ではないですよ、○○町とかのいかにも土地の安そうな、都会から一歩離れたって感じの場所ばっかりなんですよ。うわーこれはちょっと大変そうだ。

■卒論を提出
提出期限の時間の1時間前くらいにやっと出すことが出来ました。追い込みの2〜3日は徹夜でした。泣きそうになりながらやりました。むしろ泣いてました。

■彼女と同棲するかもしれない
まぁ自分も四月から社会人で学生とは訳が違うわけでして、色々な責任や義務がついて回る年になってしまいました。モラトリアム期間終了でございます。仮に自分が東京近郊に住むことになったとしたら、彼女がアロマテラピーの学校に通いたいとも言っているし、そういう利便性も考慮して、だったら一緒に住んだほうが良いよねという結論に至っております。マジで結婚するかもしれんねこれは。

■肩こりで動けなくなる
卒論ももう直ぐ追い込みの時期だという頃から、なーんか方の動きが悪いなーと思っていたのですが、それが最近になるとかなり酷くなって、ちょっとでも重い荷物を持つと腕が水平の状態から上に上がらないという異常な事態にまで悪化。1月15日くらいに整形外科に見てもらいに行き、猫背で首の穂骨がまっすぐになっていることが判明。さらに、正面から見ると首が右側に傾いていることも判明(これはただの癖?でも良くないらしい)。そんなわけで、頭を支えようと肩の辺りに余分な力が入り、十度の肩こりに陥っていたことが判明。飲み薬と湿布を渡され、今後は荷物を右肩にかけないこと(右肩の症状が特に酷かった)、椅子にはちゃんと深く座り、姿勢を正しく保つこと、時々整形外科でリハビリを受けることなどの注意を受けました。こんな肩の状態ではとても働けません。

■地元のジャズバーのマスターが逝く
去年の夏ごろに友人に連れられて「サニー」という地元館山のジャズバーの存在を知り、年末年始に帰省したときもお邪魔したのですが、それから1週間くらい経って「サニーのマスターが死んだ」と緊急連絡が。通夜に参列するために大急ぎで再び地元館山に帰りました。
マスターは「文ちゃん」というあだ名で親しまれており、地元では数少ないウッドベースの使い手でした。もっと仲良くしたかったです。享年59歳と聞いてまたびっくり。見た感じ70歳くらいの爺様に見えていたので。店のほうは恐らく誰も継ぐ人が現れないでしょう。いかにも寂れた田舎の飲み屋街ってな感じの場所にひっそりと立ち、糞狭い上に家賃もべらぼうに高く、おまけにぼろい。死んだマスターも生活に困ったときは近所の草を食べていたらしい。確実にあの店の経営だけでは暮らせない。
しかしなんともいえない味わいのある店でした。あの暴力的な辛さのカレーが二度と食べられないのは寂しいです。ちなみにあの店で酒を飲んだことはありません。マスターが酒の作り方を知らなかったので。はっきり言って地元館山の音楽文化にとってあの店がなくなるのは大きな痛手です。自分があの店を継ぎたいなー。地元に帰ってウッドベースを練習して館山のジャズを復活させたい。でも彼女さんがいるし無理ですな。正直あんなところで飲食店をやるのはギャンブル過ぎるし。
最後になりましたが文ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
posted by _ at 05:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。