2006年12月08日

卒論卒論卒論

あんまり暗いことばっかり書いていたら気が滅入ると思って何か楽しいことでも考えようとしていたのですが何も思い浮かばずひたすらいつものように暗いことを考えています、僕です。

現在泣きながら卒論を進めています。後一週間で終わらせるなんて「死ね」って言われているようなもんですよ。ああなるほど私は大学側から「死んでください」と言われているんですね、これは気がつかなかった。あは。
最近良く考えているんですが地元にライブハウスを作りたいのですよ。地元に残っている友達が「ライブハウスでもやってみたいと思っててさぁ、今仕事の合間を縫って色んな土地を見て回っているんだよね」というせりふを聞いてそれに乗っかってみようかなと。でもインターネットで色々検索してみると個人経営のライブハウスはどれも絶望的に苦しいようで。現在木更津にもライブハウスがあってギターウルフなどの結構メジャーなところがちょくちょく来ているようなんですが、それも横浜のほうの大きいライブハウスがやっているようだし。現在盛況なライブハウスというのは大体が大手音楽業界が裏にあったり、人生の勝ち組の道楽だったりするわけです(一部の例外はありますが)。個人経営のライブハウスでもやっていけるような場所はやはりそれなりの魅力があるわけで。例えばその箱の「鳴り」であるとか、長い歴史であるとか。そういうものを作るとなると音楽関係のコネが皆無の私にとっては不可能。まして私の地元である館山市というところは都心からのアクセスが絶望的に悪い寂れた地方都市ですよ。人口約5万人です。これに館山を生活圏とする南房総市の4万5千人、既にライブハウスがあるとされている鴨川市の3万7千人、同じ安房地方にあるものの君津・木更津との関係性が強い鋸南町の1万人を加えて、館山市中心部を生活圏とする住人はかなり多く見積もって14万人ということになります。14万人って結構多いんじゃね?みたいに思う方もいるかも分かりませんが、私はそんなあなた方に言いたい。声を大にして言いたい。南房総の高齢化率をナメるんじゃねーよと。さらに言わせて貰うと、自分が管理するmixiのコミュニティによると、南房総にはすでにジャズバーなどの音楽と料理を同時に楽しめる場所などがある程度揃っているらしいんですよ。そういった場所との差別化を図るためにも自分は真摯な態度で純粋に音楽で勝負する場所を館山に作りたい。館山に南房総の音楽カルチャーの発信基地を作りたいと真面目に考えているんですよ。しかし館山でそんな店がやっていける可能性はほぼゼロに近いと考えております。せめて館山市内に四年制大学を承知できれば・・・なんてことを日々考えています。そうすれば街に若者が増えて新しい血が巡るというか、かなり館山市の発展につながるんじゃないかと。なんで館山市に海洋・水産系の大学を承知できないのだ。なんで千葉大学は千葉県全体のバランスの良い発展を目指して館山市や鴨川市にキャンパスを設置しないのだ。何でだコノヤロー。そこら辺の事情なんて全く分からないけどそんなことを考えているんですよ。
館山つながりで考えてることがあるんですが、最近館山市で市長選がありましてね、現職の辻田実氏を抑えて新しいナントカさんが次の市長に決定したみたいなんです。あんまり詳しいことが分からない上に記憶が曖昧で確かなことは何もいえないんですけど、辻田実氏は県や国と手を組んで館山港の規模を拡大しようと。館山という場所は、地図で見れば分かると思いますが房総半島の一番南に位置しており、国防上非常に重要であるだけではなく、港の規模を拡大すれば貿易上でもかなり重要な位置を占める港になる可能性を秘めているんですよ。これを機会に観光の重要拠点としても港を使えるようにすれば館山市にはガッポガッポ金が入ってくる筈なんです。ヤクザも官僚もロックのロクデナシも潤いますが、館山市やその周りにある各地方の住人にとっても悪い話ではないと思いますよ。まぁこの話自体は別に良いんですよ私は。ただね、その規模があまりに壮大すぎる。日本には「飛鳥」という超豪華客船があるんですけど、そいつが寄港できるようにしようとしているみたいですね。あんたそんな腸巨大豪華客船が寄港できるような港を作るのに周りの自然環境がどのくらい影響受けると思っておるんじゃい。館山市では全国でも有数のウミホタルの生息地として知られているんですけど、そのウミホタルが採取できることで全国的にも有名な浅橋の真横の部分に新しい浅橋を作るとかなんちゃら言っちゃってるんですよ。もうチャンチャラおかしいっすよ。作るにしてももっと別の場所があるだろってね。館山海上自衛隊の航空基地の直ぐ横だとかさぁ。さらに笑っちゃうのが、豪華客船の「飛鳥」というのが先ほど話題に上がりましたが、それよりさらに凄い「飛鳥U」というのがありまして、館山市では「飛鳥Uを歓迎しよう!」という感じで市全体で歓迎していたらしいのですが、これがなんとあまりに巨大な客船であるために、たとえ新しく館山港に浅橋を作ったとしても、今計画している規模では寄港できないらしい。なんじゃこりゃー。さらにもうひとつ言わせて貰うと、そんな前代未聞の超巨大豪華客船に乗っているような金持ちが館山市に金を落とすわけが無い。何をするんですか?花摘み?イチゴ狩り?ファミレスにでも寄って昼飯でも食ってくれるとでも思うんですかね?とにかく、今の館山市では「飛鳥U」を呼べるような環境は無い。よって、「飛鳥U」を呼ぶために新しく大浅橋を作るなら無意味。むしろ自然環境が壊滅的な打撃を受ける可能性があるので大きなマイナス。
でも浜金谷から出ている「東京湾フェリー」くらいの規模の船なら来てほしいなぁ。フェリーで東京湾を横断して横浜に遊びに行きたい。


というように只今現実逃避中。
posted by _ at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。