2006年11月06日

日記の話

人様の日記にですね、よく「普通の日記でごめんなさい><」とか「みんなに分からない話題でごめんなさい><」という書き出しで始まるものがあるんですけど、時々なら私もこの言葉を使おうとは思いますが、何度もこの類のセリフを使われると脳味噌の血管がブチ切れるような感覚に陥りませんか?この方々は何のために日記を書いているのでしょう。日記なんて所詮公開オナニーみたいなもんですから自分にしか分からなくて当然なわけで。「自分勝手なオナニーでごめんなさい><」って言ってるようなもんですからね。そんなもんは当たり前だろうがと。おまえ、しゃあそもそも「自分勝手じゃないオナニーって何だよ」と。自分のみっともないオナニーに他人との同調を求めるでないと。お前が昼飯に何を食おうが何時に糞して寝ようが俺には関係ないんだから俺に感想を求めるなと。そもそもお前の昼飯や糞の時間を教えられて、どうして「楽しそうな休日で良かったですね^^」というセリフを俺が吐けるだろう。無理だ。他人の中身の無いオナニーなんぞに俺は興味が持てない。オナニーというのは自己満足でするのであって他人のことなんぞ気にかけたら自分のことに集中するなんて無理でございます。皆さんは本来の自慰行為というものを忘れてはいませんか?

とまぁそういうことを考えていたのですが、よくよく考えてみると、レンタルビデオ屋のアダルトコーナーに並んでいるAVを吟味していると、「相互鑑賞オナニー」という言葉を時々目にするわけで。それに気付いた瞬間自分の中で何か化学反応のようなものが起こりました。閃きを得たのです、「これだ!」と。つまり、ブログというものは普通のオナニーではなく「相互鑑賞オナニー」だったのです。他人のオナニーを見て自分を盛り上げて、より良い自分のプライベートオナニーに繋げるというのが、ブログなどのインターネット上の日記の役割だったのです。「今日は朝飯に納豆を食べたよ」「んあぁ!俺は納豆に味噌汁付きだったよ!」「あたしなんか納豆に味噌汁にポテトサラダだったぁぁん!」「ぼぼぼ僕なんか、うまい棒納豆味をお湯で戻してそれをご飯にかけて食べたんだいィィィィイイ!!」「ワシはうまい棒納豆味をお湯で戻してケツから腸に流し込んだわいィィィィィイヤッホーーウ!!!!!」みたいな感じで、相互鑑賞することで、より深い快楽の世界に溺れることが出来るのですね。いやー相互鑑賞オナニーて本当にすばらしいものですね。とでも言うと思ったかこのド変態の露出狂どもが!!!!!



なにこの日記。
posted by _ at 03:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。