2007年03月02日

グラマーズほにゃららを歌ってる人

ぺペロンチーノにはアンチョビを入れないことが判明しました。どうも、僕です。

今日の夜にテレビのチャンネルをいつものように目的もなくただパチパチと変えていたら、yoshiだかtoshiだかという作家だかオッサンだかが書いた、「翼の折れた天使たち」だか「翼が折れた天使たち」だかいうタイトルの小説だか駄文だかを基にして制作された、非常にクオリティの低いドラマだかお遊戯だかが放送されていたわけですが、まぁそクオリティの低いドラマだかお遊戯だかのモデルにすらなれないような薄っぺらい人生を生まれてこの方23年間も(もう少しで24年間になります)何の疑問も持たずに継続してきた私が口を出すのも変な話なんですが、いやもう本当に、作者の「こんなこと書けばお前等買うんだろ?」みたいな空気がにじみ出ているのが最後の15分間を見ただけでよく分かりました。そういう意味では、2、3年前に流行った「セカチュー」から爆発的に広まった「とりあえずヒロインの女の子を死なせときゃいいんだろ?」的精神と似たようなものを感じます。「泣ける!」というキーワードから様々な同系統の映画などがもてはやされ、お前、そんなに泣きたいならタマネギでも切ってろよポンポコピーが!という訳の分からない突込みを映画館の端から端まで一人ずつ丁寧かつ迅速にブチかましたい気分に駆られたのは私だけではないはず。人々が涙を偽装するために目薬を大量に買いあさり、ドラッグストアが大パニックになったと連日ニュースで報道されるようになったのはこの頃であります。話題がそれましたスミマセン。
そのドラマだかお遊戯だかのラスト15分だけ見た私が想像するに、その内容は、親と学校の友達ににいじめられて育った少女がグレて、本当はアタシ寂しいのよ〜とか言いながらも、ひと通り悪いことをして、で、流れでキャバクラかなんかで働いて、男にもてあそばれたり女同士のドロドロした争いなんかがありながらもキャバクラ嬢のトップに。あれ〜でもなんか違う〜お金があるのに寂しい〜あたし寂しい〜なにこれ〜、誰も私のこと理解してくれない〜みたいになって、そこに小学校時代の同級生が。君は金の亡者じゃないよ〜本当は優しいひとだよ〜、そうだね〜本当は寂しかったんだよね〜、てゆうか「本当は寂しかったんだよね」って言って欲しかったんだよね〜みたいになって、そうなの〜あたし寂しいの〜悪ぶってたけど愛が欲しかったの〜みたいになって終了ーーー。
いかにも、日常的に渋谷辺りを生活拠点、というか縄張りとしている、12〜18歳くらいの年齢の女性がぬけぬけと「これには『等身大の私』が描かれててぇ〜」と口をそろえて言ってしまいそうな内容というか(どこかのブログにも同じことが書いてあった)。つまりはアレだよね、凄い爆発的効果のあるスキマ産業というか、世代別ピンポイント爆撃弾みたいな感じですよね。「心に何かしら瑕を持っていたい世代」にダイレクトアタック!みたいな。
さらにこのドラマの凄いところは、主題歌に中島美嘉を起用したところだと思うんですよ私は。中島美嘉は皆さんご存知のように映画「NANA」の主題歌を歌っていますが、あれも本当「心に何かしら傷を持っていたい世代」の心を鷲掴みにする漫画ですよね。NANAで思い出したけど、あの漫画のせいで巷(ちまた)に「ファッションパンク」が増えたらしいんですがそれが許せません。ダメ!パンクをファッションにしちゃダメ!おまえらどうせピストルズくらいしか聴いたことないだろ。ちゃんとクラッシュも聴け。ダムドも聴け。余裕があったらザ・ジャムとかイギーポップなんかも聴いて下さいこのやろう。パンクの反社会的精神を汚さないで〜!でもNANAは面白いですよね。俺NANA好きー超好きー。あのスキンヘッドのドラムの男とか超好きー。ということで皆さんもっとNANAを読みましょう。うんうんうんうん。スキンヘッドのドラムの男とか超好きー。
で、その「心に何かしら傷を持っていたい世代」代表みたいな歌手になった中島美嘉をそのままスライド起用させたということで、余計にあの「翼の折れた天使たち」だか「翼が折れた天使たち」の人気は過熱するでしょう。うむ。むしろ中島美嘉が今後どんな路線で勝負してくるのか非常に気になります。

ということで、近所で思春期まっしぐらな女子中学生もしくは女子高校生、或いは男子、つまり、思春期まっしぐらで今にも盗んだバイクで走り出しそうな感じの子供等を見かけたら、「そんなことして本当は寂しいんだねーわかるよーうんうんうん」と言っておけば98パーセントの確率で更生しますから試してみましょう。これで駅前で怖い人たちがウンコ座りしていても大丈夫だね★
posted by _ at 05:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

最近何ヶ月かで買ったCD一覧

順不同。
まだ聴いていないのもいくつかある。

--------------------------------

■the WILD ROVER / the best of irish music

10枚入りですげー安いから買ったけど
俺がほしいのこういう音楽じゃなかったーorz

■natsumen / NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER xxx!!!

某イケダ氏からCDRで譲り受けたが破損。
お気に入りだしせっかくなので買うことにした。

■we're from japan! / 48minutes,7seconds

曲がどうこうよりもまずこのバンド名は何とかならんのか。
曲自体は結構好き。
変拍子もっと使えやー。

■toe / new sentimentality

この人たちがインストに固執する必要性が見出せない。
最後のボーカル入りの曲なんかは個人的に好き。
もっと変拍子を入れんかい変拍子を。

■maybeshewill / japanese spy transcript

正直買ってちょっと後悔した。
後から考えてみればこのバンド名も狙いすぎというか。

■explosions in the sky / all of a sudden i miss everyone

内容的なものはさておき2枚組みバージョンが手に入らなかったことが悔しいです。

■七尾旅人 / heavenly punk adujio

この人の声が好きで買ってみたんですが難解でした。
特に詞の世界が難解でした。
頭の中はどうなってるんだこいつは。

■ロシア民謡の心 / 国立モスクワ合唱団

未聴

ドヴォルザーク / 交響曲第9番“新世界より”

未聴

■sgt & good music! / sggmit!!

バイオリン最高。

■BLUBECK / DESMOND │THE DAVE BRUEBECK QUARTET

もっと変拍子全快のアルバムなのかと思ったら全然違ってがっかりした。

■mew / a triumph for man

mewのインディーズ時代のアルバムの復刻盤らしい。
このアルバムでmewは1stだけ聴いてりゃ大丈夫ということが判明した。
視聴したときにも微妙な空気を感じ取りましたが、
限定品という言葉に惑わされまんまと買わされてしまいました。
まぁインディーズ盤に過度に期待した自分が悪いです。

■yndi halda / enjoy eternal bliss

うわあ、なんだこの安っぽさは。

■aerial / the sentinel

買ってから2回ほど聴いたが印象に残らず。
聴いたのも1ヶ月くらい前だから余計に印象に残らず。
でも2曲か3曲くらいなかなか良いのがあった気がする。
気がする。

■the best of celtic music

これですこれですよ、私が求めていたものはアイリッシュではなくこれです。
簡単な日本語解説なんかも付いていて嬉しい。
でも一曲が短いのが残念。
別にいいけど。

■polaris / 音色

本当は空気公団を買いたかったんだけど何を買ったらいいのか分からなかった。
だから同じ系統だと思われるポラリスのベストを買ってみた。
DVDも付いていてお得。
あんまりゴチャゴチャしたのばっかり聴いてるとこういう抜きの楽曲も聴きたくなるよね。
あとやっぱりダブポップのベースはナイスです。
海外にダブポップとかあるのかな。
チェックしてみたいー。

■木村カエラ / scratch

実は木村カエラなんかも結構好きだったりして。
だってかわいいじゃん。
magic musicという曲を書いているLinus of Hollywoodという人物が気になりました。
あとtree climbersという曲を書いている渡邉忍という人物も気になった。
natsumenのAxSxEという奴も作曲していてビックリデス。

■arctic monkeys / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not

安いのでせっかくだから買った。
未聴。

■DE DE MOUSE / tide of stars

1曲目を試聴して良かったので買った。
今まで何度1曲目だけの試聴で騙されたことか。
なんかピコピコしてる系のアルバム。
家では未聴。

■nujabes / modal soul

こういう系も聴いておいたほうがいいかなと思った。
サンプリング(?)を多用したヒップホップ系の人?
そっち系はよく分からないけど有名な人です。
nujabesを逆から読むとセバジュン(この人の本名)です。

■epic45 / reckless engineers

一番最近のアルバムを聴いてウオーッてなったから買ったのに
これ聴いてみたら全然という感じだった。
エレクトロニカ系?

■安藤裕子 / shabon songs

これはあれです、ちょっと前にCM曲でノウゼンカツラという曲を歌っていた人です。
ちなみにその曲はこの曲は入っていません。
CDのほうは未聴で特典のDVDだけ先にチェックしたのですが、
なんとライブ映像に私の敬愛するベーシストのtokie姉さんの姿が!
tokie姉さーーーん!!

■epic45 / slides

今度こそハズレはないだろうと信じて購入。
未聴。

■norah jones / not too late

特別価格で安いので買ってみた。
結構前から気になってたし。
ちなみに彼女の父親は超大御所のシタール奏者らしい。
そっちも気になるー。
posted by _ at 04:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

無題

最近ぺペロンチーノを作ることに熱中しているのですがこれがうまくいかない。第一料理本を全く読んでいないのが悪い。だってめんどくさいんだもん。こないだ本屋の料理本コーナーでぺペロンチーノの作り方を調べようと一冊の本を手にとって見たところ、そこには「ぺペロンチーノ」ではなく「ぺペロンチーニ」と書いてあってすぐさま挫折。それがしがが作りたいと申して居るのはペペロンチーニではなくぺペロンチーノでござる。くそ、違いが分からん。この本には違いが書いておらんではないか。無礼者。この読者をナメているとしか思えない料理本の態度に怒り心頭。以後我流を貫いております。ぺペロンチーノってアンチョビ入れるっけ。入れるよね普通(基本的部分を理解していない)。

今年の3月いっぱいで私が長年画像投稿に愛用してきた「ヤプース!」がサービスを全て停止させるようで。なんというかブログという日記形式の個人サイトっちゅーの?あれが市民権を得る前からずっと愛用してきたサービスであり、半永久的に使用できるもんだと思っていた私は少し裏切られた気分でございます。今までコツコツ投稿してきた時間と手間を金に換算して利用者に変換したまえ!と言ってやりたい気分であります(実際時間も手間もそんなにかかっちゃいない)。でもこれが自然淘汰というか市場の原理というかつまりは弱肉強食の世の中というわけであります。さっそく「くちこみページ」というやつに鞍替えする準備を着々と進めております。

先日から、mixiのほかにもいわゆる「地域SNS」というやつをやっておりまして、寝る間を惜しんでネットサーフィンを楽しんでいるんですが、あ、ネットサーフィンって死語ですか。どうなんですかそこらへん。まあよく分からんのですが、これが利用者の平均年齢が異様に高い。ぐるっと回ってみての印象なんですが一番多い年代が40代。その次に50代〜60代。20代〜30代は本当に数える程度だと考えられます。多分若い奴等は殆どがmixiのユーザーなんだなと。では20代でこの地域SNSに参加している自分は何なのだと。自慢じゃないですが自分はこの異様に年齢層の高い地域SNSに適応できるという自信があります。むしろmixiの若者のノリに付いていけない自分がいまして。本当にギャル文字だとか複雑な顔文字を使う日記が読めないんですよ。若者文化に溶け込めない20代前半の私ですよ。10代の人の頭ん中に豆腐かプリンが入ってるんじゃねーかと思わせるような日記を見かけると「あーこいつらはきっと俺達とは違う人種なのだな」というある種の諦めの境地というか悟りというかステレオタイプ人間的というかとにかくそういう「もう関わりたくねーな」という感情が出てきてしまうんですね。こんなことを書くと10代の人間に対する人種差別だと苦情の声が寄せられてしまいそうですが、私は断じて人種差別主義者ではないということをここに宣言します。ラブ&ピースをこよなく愛する平和的な人間です。例え頭の中が豆腐やプリンやフルーチェの人種が居たとしても、きっと僕等は解りあえるはず。今の時代最も大切なのは相互理解、つまり異文化コミュニケーションなのです。

で、今思ったんですが、こんな頭の悪い文章を書いていたら40代や50代の方々に「こいつも最近の若者と同じで訳が分からない奴だな」と思われるのは必至。俺も頭の中に豆腐やプリンやフルーチェが入っている連中の仲間だったわけですね。ぐあーせめてマンゴープリンくらいの脳味噌が入ってくれていると嬉しいー。
posted by _ at 10:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

無題

家のCD/MDコンポは以前から壊れてしまっていてCDが聴けない状態になっていたのだが先日ついにMDも聴けなくなった。これではただの箱です。電源を入れると「HELLO!」と表示して部屋を怪しげな腐った緑に変色させ、電源を切れば「GOOD BYE!」と静かに力なく表示する。そんな哀愁漂う我が家のコンポを最近久しぶりに起動させ、MDを投入しようと試みたところ、中で何かに引っかかり口が閉まらない。さらに「ガチャ!ガチャ!」と不気味な音を立てている。これは非常に不味い事態になった。自分はこのバカコンポが、MDを口にくわえ、中年のケツのでかくて妙なインパクトのある独特のパーマをかけた関西のオバハンがコタツに入り横になってお茶をすすりながら煎餅をバリバリと噛み砕く要領で自分のMDを粉砕しているというイメージを連想し、「むきー!」と奇声を上げてMDの取り出しボタンを1秒間に16回くらいの物凄いスピードで猛烈に押しまくり、無事にそのMDはオバハンの口から救出できたわけですが、ちがうよオバハンじゃなくてコンポから救出したわけですが、それでもなおコンポは「ガチャ・・・ガチャ・・・」という気色の悪い音を立てておりまして、自分は品詞の重傷を負ったかつての相棒(コンポ)がこんな姿になってまで生きているのを不憫に思い、このまま長い時間をかけて苦しみながら死んでいくのではなく、いっそのこと自分のこの手で相棒(コンポ)を手に掛けて苦しまずに死んでもらおう、きっとこいつだってこんな姿になってまで生きていた気はないはずだ、という考えから、その場に偶然あった木刀で相棒を八つ裂きにしました。日頃のストレスや社会に対する不満をどこかにぶちまけたかったんです本当は。

何が言いたいのかというとコンポが壊れたということです。
posted by _ at 07:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

近況報告その2

暇な方はこれでもやってみてください。

・可聴音域テスト http://www.jimmyr.com/blog/hearingloss.html

・音痴テスト http://jakemandell.com/tonedeaf/
前のフレーズと後のフレーズが同じかどうか、であなたの音感がわかる。




さて、前回の日記で前フリが綺麗に決まったところで真面目に近況の報告でもしてみます。

■姉が結婚
自分には姉が2人いるんですが、一番上の姉が10月くらいに結婚式を挙げました。お相手は宮城県のほうの人で、パンを焼くのが上手です。これから一番上の姉と会うときは笹かまぼこを要求します。笹かま、ずんだ、萩の月。サイコー。

■就職活動に終止符
11月か12月くらいだと思うんですが内定を一個貰ったのでそこに就職することに決めました。なんでもパン粉業界の大手だかなんだかで結構安定しているっぽいです。でもパン粉なんて地味ですからまともな大卒の人間は寄り付かず、苦し紛れに自分のようなダメ人間に白羽の矢を立ててしまったのだと推測します。哀れパン粉業界。
いやーもう10月から11月にかけては週に4社くらいずっと受けに行き続けてましたからね。何回落とされ続けてきたのだと。本当にアレは二度と経験したくないわ。ただ心配なのが配属先がまだ決まっていないということ。全国に工場があるらしくて、北は北海道南は九州どこに飛ばされるか予測不能なところが不安です。しかもその工場ってのが和歌山県だとか岩手県だとかの微妙なところにしかないという悲劇。大阪とか仙台とかにはネーのかよ。県庁所在地ではないですよ、○○町とかのいかにも土地の安そうな、都会から一歩離れたって感じの場所ばっかりなんですよ。うわーこれはちょっと大変そうだ。

■卒論を提出
提出期限の時間の1時間前くらいにやっと出すことが出来ました。追い込みの2〜3日は徹夜でした。泣きそうになりながらやりました。むしろ泣いてました。

■彼女と同棲するかもしれない
まぁ自分も四月から社会人で学生とは訳が違うわけでして、色々な責任や義務がついて回る年になってしまいました。モラトリアム期間終了でございます。仮に自分が東京近郊に住むことになったとしたら、彼女がアロマテラピーの学校に通いたいとも言っているし、そういう利便性も考慮して、だったら一緒に住んだほうが良いよねという結論に至っております。マジで結婚するかもしれんねこれは。

■肩こりで動けなくなる
卒論ももう直ぐ追い込みの時期だという頃から、なーんか方の動きが悪いなーと思っていたのですが、それが最近になるとかなり酷くなって、ちょっとでも重い荷物を持つと腕が水平の状態から上に上がらないという異常な事態にまで悪化。1月15日くらいに整形外科に見てもらいに行き、猫背で首の穂骨がまっすぐになっていることが判明。さらに、正面から見ると首が右側に傾いていることも判明(これはただの癖?でも良くないらしい)。そんなわけで、頭を支えようと肩の辺りに余分な力が入り、十度の肩こりに陥っていたことが判明。飲み薬と湿布を渡され、今後は荷物を右肩にかけないこと(右肩の症状が特に酷かった)、椅子にはちゃんと深く座り、姿勢を正しく保つこと、時々整形外科でリハビリを受けることなどの注意を受けました。こんな肩の状態ではとても働けません。

■地元のジャズバーのマスターが逝く
去年の夏ごろに友人に連れられて「サニー」という地元館山のジャズバーの存在を知り、年末年始に帰省したときもお邪魔したのですが、それから1週間くらい経って「サニーのマスターが死んだ」と緊急連絡が。通夜に参列するために大急ぎで再び地元館山に帰りました。
マスターは「文ちゃん」というあだ名で親しまれており、地元では数少ないウッドベースの使い手でした。もっと仲良くしたかったです。享年59歳と聞いてまたびっくり。見た感じ70歳くらいの爺様に見えていたので。店のほうは恐らく誰も継ぐ人が現れないでしょう。いかにも寂れた田舎の飲み屋街ってな感じの場所にひっそりと立ち、糞狭い上に家賃もべらぼうに高く、おまけにぼろい。死んだマスターも生活に困ったときは近所の草を食べていたらしい。確実にあの店の経営だけでは暮らせない。
しかしなんともいえない味わいのある店でした。あの暴力的な辛さのカレーが二度と食べられないのは寂しいです。ちなみにあの店で酒を飲んだことはありません。マスターが酒の作り方を知らなかったので。はっきり言って地元館山の音楽文化にとってあの店がなくなるのは大きな痛手です。自分があの店を継ぎたいなー。地元に帰ってウッドベースを練習して館山のジャズを復活させたい。でも彼女さんがいるし無理ですな。正直あんなところで飲食店をやるのはギャンブル過ぎるし。
最後になりましたが文ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
posted by _ at 05:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

近況報告

「あけまして本当におめでたいのか?お前ら本当にそれでいいのか?」でお馴染みの僕です。あけましておめでとうございます。最近まともなことを書いてないけど頑張ってまともなことを書きます。自分にまともなことを書けるほどの文章力も無いので楽勝でございますよ、ええ。つーか最近のことどころかけっこう昔のことすらまともに書けていない自分がいてもどかしいです。あまりにもどかしすぎて何に対してもどかしいと感じていたのか分からないくらいもどかしいです。つーことでここ3ヶ月位のうちに起こった自分の身の回りのビッグイベントというか印象に残った出来事を今までここに書かなかったことを中心に適当に書き連ねてみようと思いこうして筆を執っている次第でございます。なんでパソコンを使っているのにもかかわらず「筆を執っている次第でございます」なんていう表現を使っているのでしょうか。それはそのほうがなんとなく格好よさげな文章みたいに見えるんじゃねーの?という自分の価値観というか思い込みから来ているものでして特に問題にする必要はございません。だからみんな気にせず読み飛ばしてください。というかこんなブログをチェックしている暇があったらさっさと歯磨いて寝たほうが明日に疲れが残らないし得策だと思うんですよね。そっちのほうが仕事中や勉強中に眠くならないし肌も荒れないしこんな下らない文章の羅列を読むよりも200倍くらい有益だと思うんですよ。でも多分ちゃんと計算しなおしたら500倍くらいにはなるんじゃないかな。計算の仕方とかはよく分からないんだけど多分200倍とかは軽く超越するよ。うんうんうんうんうんうん。だから僕は不幸にもこれを読んでしまっている皆さんに不利益が生じないようにあえて今日は寝ます。おやすみなさい。
posted by _ at 05:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

音楽の話

といってもこの前と同じように、自分の気に入ったバンドのmyspaceを貼るだけなんだけど。まぁ前回と同じようにボーカル無しで尺が長くてモワモワした感じのが多いですが許してください。

aerial
We're From Japan!
EF
upcdowncleftcrightcabc+start

とかが今のところ特にお気に入り。
それではどーぞ。


The American Dollar
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=27979048

Always the Runner
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=2921741

dreamend
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=9535122

Vito
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=51960135

Aerial
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=46912171

the samuel jackson five
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=33944834

We're From Japan!
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=31375751

gregor samsa
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=13746830

childs
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=17319080

diefenbach
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=34761335

do make say think
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=43842679

From Monument To Masses
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=4035163

fridge
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=94617459

hood
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=42531008

jaga jazzist
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=63031069

mice parade
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=63405852

If These Trees Could Talk
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=33204666

maybeshewill
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=25768740

EF
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=2568353

upcdowncleftcrightcabc+start
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=28254563
posted by _ at 10:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

卒論卒論卒論

あんまり暗いことばっかり書いていたら気が滅入ると思って何か楽しいことでも考えようとしていたのですが何も思い浮かばずひたすらいつものように暗いことを考えています、僕です。

現在泣きながら卒論を進めています。後一週間で終わらせるなんて「死ね」って言われているようなもんですよ。ああなるほど私は大学側から「死んでください」と言われているんですね、これは気がつかなかった。あは。
最近良く考えているんですが地元にライブハウスを作りたいのですよ。地元に残っている友達が「ライブハウスでもやってみたいと思っててさぁ、今仕事の合間を縫って色んな土地を見て回っているんだよね」というせりふを聞いてそれに乗っかってみようかなと。でもインターネットで色々検索してみると個人経営のライブハウスはどれも絶望的に苦しいようで。現在木更津にもライブハウスがあってギターウルフなどの結構メジャーなところがちょくちょく来ているようなんですが、それも横浜のほうの大きいライブハウスがやっているようだし。現在盛況なライブハウスというのは大体が大手音楽業界が裏にあったり、人生の勝ち組の道楽だったりするわけです(一部の例外はありますが)。個人経営のライブハウスでもやっていけるような場所はやはりそれなりの魅力があるわけで。例えばその箱の「鳴り」であるとか、長い歴史であるとか。そういうものを作るとなると音楽関係のコネが皆無の私にとっては不可能。まして私の地元である館山市というところは都心からのアクセスが絶望的に悪い寂れた地方都市ですよ。人口約5万人です。これに館山を生活圏とする南房総市の4万5千人、既にライブハウスがあるとされている鴨川市の3万7千人、同じ安房地方にあるものの君津・木更津との関係性が強い鋸南町の1万人を加えて、館山市中心部を生活圏とする住人はかなり多く見積もって14万人ということになります。14万人って結構多いんじゃね?みたいに思う方もいるかも分かりませんが、私はそんなあなた方に言いたい。声を大にして言いたい。南房総の高齢化率をナメるんじゃねーよと。さらに言わせて貰うと、自分が管理するmixiのコミュニティによると、南房総にはすでにジャズバーなどの音楽と料理を同時に楽しめる場所などがある程度揃っているらしいんですよ。そういった場所との差別化を図るためにも自分は真摯な態度で純粋に音楽で勝負する場所を館山に作りたい。館山に南房総の音楽カルチャーの発信基地を作りたいと真面目に考えているんですよ。しかし館山でそんな店がやっていける可能性はほぼゼロに近いと考えております。せめて館山市内に四年制大学を承知できれば・・・なんてことを日々考えています。そうすれば街に若者が増えて新しい血が巡るというか、かなり館山市の発展につながるんじゃないかと。なんで館山市に海洋・水産系の大学を承知できないのだ。なんで千葉大学は千葉県全体のバランスの良い発展を目指して館山市や鴨川市にキャンパスを設置しないのだ。何でだコノヤロー。そこら辺の事情なんて全く分からないけどそんなことを考えているんですよ。
館山つながりで考えてることがあるんですが、最近館山市で市長選がありましてね、現職の辻田実氏を抑えて新しいナントカさんが次の市長に決定したみたいなんです。あんまり詳しいことが分からない上に記憶が曖昧で確かなことは何もいえないんですけど、辻田実氏は県や国と手を組んで館山港の規模を拡大しようと。館山という場所は、地図で見れば分かると思いますが房総半島の一番南に位置しており、国防上非常に重要であるだけではなく、港の規模を拡大すれば貿易上でもかなり重要な位置を占める港になる可能性を秘めているんですよ。これを機会に観光の重要拠点としても港を使えるようにすれば館山市にはガッポガッポ金が入ってくる筈なんです。ヤクザも官僚もロックのロクデナシも潤いますが、館山市やその周りにある各地方の住人にとっても悪い話ではないと思いますよ。まぁこの話自体は別に良いんですよ私は。ただね、その規模があまりに壮大すぎる。日本には「飛鳥」という超豪華客船があるんですけど、そいつが寄港できるようにしようとしているみたいですね。あんたそんな腸巨大豪華客船が寄港できるような港を作るのに周りの自然環境がどのくらい影響受けると思っておるんじゃい。館山市では全国でも有数のウミホタルの生息地として知られているんですけど、そのウミホタルが採取できることで全国的にも有名な浅橋の真横の部分に新しい浅橋を作るとかなんちゃら言っちゃってるんですよ。もうチャンチャラおかしいっすよ。作るにしてももっと別の場所があるだろってね。館山海上自衛隊の航空基地の直ぐ横だとかさぁ。さらに笑っちゃうのが、豪華客船の「飛鳥」というのが先ほど話題に上がりましたが、それよりさらに凄い「飛鳥U」というのがありまして、館山市では「飛鳥Uを歓迎しよう!」という感じで市全体で歓迎していたらしいのですが、これがなんとあまりに巨大な客船であるために、たとえ新しく館山港に浅橋を作ったとしても、今計画している規模では寄港できないらしい。なんじゃこりゃー。さらにもうひとつ言わせて貰うと、そんな前代未聞の超巨大豪華客船に乗っているような金持ちが館山市に金を落とすわけが無い。何をするんですか?花摘み?イチゴ狩り?ファミレスにでも寄って昼飯でも食ってくれるとでも思うんですかね?とにかく、今の館山市では「飛鳥U」を呼べるような環境は無い。よって、「飛鳥U」を呼ぶために新しく大浅橋を作るなら無意味。むしろ自然環境が壊滅的な打撃を受ける可能性があるので大きなマイナス。
でも浜金谷から出ている「東京湾フェリー」くらいの規模の船なら来てほしいなぁ。フェリーで東京湾を横断して横浜に遊びに行きたい。


というように只今現実逃避中。
posted by _ at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ビラを配ってきた part4

某大手バスケブログの記事をベースに、当日の動きを追っていきたいと思います。某大手バスケブログ管理人さん、ご了承ください。


【金曜日】

ビラ配り開始



とりあえず100枚配った
途中「協会幹部に渡すからもう一枚よこせ」というオッサンが現れたので
「石川さんにお願いします」と答えておいたw

その後・・・


緊急事態、今ネットカフェにいる

ジェリコインタビューを書いたs-moveの○村氏に近い人物から
「これ彼女かs-moveの許可を取ってるの?」話しかけられた
そこら辺はよくわからないが「取っていないと思う」と答えたら
「彼女を協会批判の急先鋒に祭り上げることになる」
「彼女の活動に支障が出たらry」
と、言われてしまった
一応俺に話しかけた人物が仲介役として○村氏に事情を説明してくれる
その人物に俺の携帯番号を伝えておいた
しかし只今インカレ中につき大変忙しいスケジュールに追われていると思われるので
すぐに返事が来るとは考えがたい
とにかく○村氏の許可が確認できるまで何もできない

※補足
このとき声をかけてくれた方は、某バスケサイトの管理人さん。
「彼女の活動に支障が出たらry」の部分を解説すると、
「彼女は協会の許可を得て取材を行っているので、これを見た協会の方がもう取材の許可を出さないということも考えられるでしょ?」
「彼女の取材活動が制限されることは貴方も望んでないでしょ?」
という内容。
この男性に自分の携帯電話の番号を渡し、その場で別れた。
その後、「彼女にビラのことは言って置きました。携帯の電話番号も教えておきました。彼女もインカレの取材で忙しいので、しばらく待てば貴方に連絡があるかも知れません。」
という連絡があった。


【日曜日】

代々木警察署に電話した!!
問いただしたら、書き加えずに一部削除するだけなら
新たに申請出さないで良いと言ってた!
これから原宿に向かい10時過ぎに駅に着くから手伝えるやつ集合!!!
着き次第コンビニでビラを大量コピー!!!

※補足
土曜日はビラ配り中止。
ここで削除したのは、
1. 「バスケットボール好きよ立ち上がれ!」のほうのビラの文中にあった『ヘッドコーチであったジェリコ・パブリセビッチ氏は〜(以下省略)』という部分の、『(下記ウェブサイト参照)』という部分
2. 同じく「バスケットボール好きよ立ち上がれ!」の一番下に記載されていた、『ジェリコ・パブリセビッチ氏インタビュー』という部分と、インタビュー記事のURL



倉石氏が仲間と談笑していたので渡してみた
「なんなのこれ?」と食いついて来たので軽く説明
しばらくすると今度はビラを読んで「全くその通りだ!」と興奮する老人が登場
ちょっと偉そうなオーラが感じられたのでお話を聞かせてもらう
周りがうるさ過ぎてよく聞こえなかったが「倉石のせいで潰れた」などと言っていたので
熊谷組の関係者か何かだろう



100枚近く余ったけど終了
途中、松下だかどこかの部長(顔が曲がった高齢のビッグマン。沼田?)に遭遇したが
笑顔で受取を拒否しやがったこのやろうヽ(`Д´)ノ

とりあえず帰ります
応援アリガd

※補足
金曜日・日曜日で合計約500枚配りました。



署名サイトが閉鎖。
以下閉鎖された署名サイトに記載したお詫びの文章。

--------------------------------------

本サイト閉鎖に関するお詫び

本日、インカレ決勝を目前にした原宿駅にて、
協会批判ともとれる文章とともに、本サイトが紹介されており、
関係者ならびに多くの方に、ご迷惑をおかけしている、とのご連絡をいただきました。
本サイトは、バスケ界の発展を願うための「バスケの未来像」を募集しており、
より良い日本バスケ文化の発展に対し、少しでも役立てることができれば、
そのように願いながら、 多くの方のお力添えのもと、立ち上げました。
協会やその他団体等への批判をけしかけるつもりは全く無く、
バスケの発展を願う方々から率直な意見や現状を集めることで、
ファンや選手などの想いを少しでも理解していただけるのではないかと
思っておりました。
今回、このように多くの方にご迷惑をかけてまで、
本サイトを続けるつもりはありません。
たくさんの方が楽しいご意見を送っていただいたことには本当に感謝しております。
送っていただいた個人情報は、外部に漏れぬよう細心の注意のもと、
破棄させていただきます。
志半ばで閉鎖することになってしまい、大変申し訳なく思っております。
何卒、ご了承くださいますよう、よろしくお願い致します。
この度は関係者ならびに不快に感じ取られた皆様には大変申し訳なく思っております。
また、ご意見を送って頂いた皆様のお役に立てず、大変申し訳ございません。
この場をお借りして、お詫び申し上げます。

日本バスケ界発展を望む会
2006年11月26日

-----------------------------------------

つまり、自分のビラ配りが原因で署名サイトを閉鎖せざるを得ない状況に追いこまれたということです。

s-moveのインカレのページも改新されていませんね。本当に自分のビラ配りが取材の障害になってしまったのかもしれません・・・。



自分の周囲への配慮が殆ど無かったために、このようにビラ配りに全く関係の無い方々に被害が出てしまい、本当に申し訳なく思っています。s-moveの記者の方々が書いて下さっている記事はバスケットボールファンにとって無くてはならないものであり、もしもこのビラ配りでこの方々の仕事に支障が出てしまったら、日本のバスケットボール界にとって大きな損失です。また署名サイトに関しても、立ち上げの際には多くの方々の協力があったものと推測できます。出来上がった署名サイトを偶然見かけ、喜んで署名されたバスケファンの方もいることでしょう。こうした「バスケ界を良いものにして行こう」という多くの方々の想いを踏みにじってしまう原因を作ってしまい、お詫びの方法が見つかりません。


part3の冒頭でも触れましたが、今回のビラ配りに関する記事ではコメント・トラックバック双方受け付けています。何か意見やご質問・苦情・ご批判がありましたら宜しくお願いします。コメントに返信は出来ないかもしれませんが全て目を通します。
posted by _ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビラを配ってきた part3

この件に関して色々と言いたいことのある方も沢山いると思うので、久しぶりにトラックバックとコメントを復活させました。
私と付き合いの長い方はご存知かと思いますが、コメントしても返事が返ってくるとは限りません。返事があるとしても直ぐに返って来るということはまず考えられません。あしからず。



part2の最後の部分でビラの全文を紹介しましたが、当日はこれとは別にもう一枚別のビラを用意し、ホッチキスでこの2枚を重ね合わせて配っていました。
書かれていたのは去年から活動していらした署名サイトで、このサイトのトップページをプリントし、右下のURLが書かれている部分を丸で囲み、矢印を持ってきて「ここにアクセスして下さい。」と手書きしましたものです。これをビラとして配りました。

軽く紹介させていただくと次の通りです。

--------------------------------

「日本バスケ界発展のため賞損共栄を目指して・・・・・・選手・ファン・子供たちが本当に欲しいバスケ社会を考える」

わたしたちの願い、そして子供たちの未来のために必要なバスケ社会を教えてください!

★バスケの未来像を送ってください!
たくさんの方々にご協力いただいているこの活動ですが、ネットを通じて行うことにより、お名前と同時に理想のバスケ像をご提案をいただいていることに大変価値があると思っています。ぜひ、皆様が思い描いている「バスケの未来像」を送ってください。1000人の署名ではなく、1000個の意見としてご提案できればと思っております。(中略)



ここにアクセスして下さい。(←ここだけ手書き)

(ここに署名サイトのURL)

------------------------------------



こんな感じでビラを作成して配っていたわけですが、その後様々な方面の方に多大な迷惑をおかけすることになってしまいました。

1.スポーツサイト「s-move」のジェリコインタビューのURLを無断で紹介
 →あたかも記者自身が協会に批判的であると勘違いされてしまう可能性

2.上記のビラと、署名サイトのトップページのコピーを、
 ホッチキスで固定して配布
 →あたかも署名サイト自体が協会に批判的であると勘違いされる可能性
  →署名サイトを閉鎖に追い込む



詳しくはpart4で。
posted by _ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。